top of page

【Web3開発者向け】 リアル交流会 #5 (5/20) の開催

更新日:2023年5月26日



開催概要

-----


2023年5月20日(土)、「【Web3.0開発者向け】リアル交流会#5(5/20)」を、iU(情報経営イノベーション専門職大学)竹芝サテライトオフィスにて開催いたしました。


C3Fでは、Web3.0アプリケーション開発に関する、開発者コミュニティを形成しています。Internet Computer Protocol(ICP)の分散クラウド開発基盤(Canister)をベースとして、いかにしてWeb3.0開発を行なっていくかを試行錯誤しています。


C3Fでは開発者ドリブンなコミュニティを形成しています。今回の交流会参加者のうち何名かは、C3Fが5月にスタートしたICP開発メンバーです。


ディスカッションの様子

-----

:リアル交流会解散後:NFIDについて議論する【C3Fリアル開発交流会】discordチャンネルにて



Internet computerによるWeb3.0開発の特徴

-----

Internet Computerでは、Web3.0開発(バックエンド:Rust or Motoko / Python to Rust (Tool) 等からのWASM実装、フロントエンド:Next.js/React / 他)※Solidityのようなブロックチェーン独自言語でなくてもWeb3.0開発が可能になります。


Internet Computerは、「スマートコントラクト(script)+データ(分散クラウド)」がセットとなるキャニスター(Canister)にコードをデプロイするだけで簡単に構築可能です。

<詳細>


また、キャニスター(Canister)がキャニスター(Canister)を作成する技術的発展ができることも交流会中に明らかになりました。コントラクトがコントラクトを生み出すことができる。こういった特徴はInternetcomputerの特徴でもあります。アプリケーションそのものが入れ子構造のように増殖することができ、ネットワーク構造連鎖的な引継ぎも可能になってくるのでは?といった非常に先端技術な問いも明らかになってきました。



ICP開発コミュニティの開始


-----

C3Fは、今後Web3.0インキュベーション環境創造に向けて、Rust等の開発者、Web開発者がWeb3.0開発に参入し、ICP開発をチームになって開発/勉強をスタートするコミュニティを開始しました。



<ICP開発コミュニティ>


今後は、数か月の単位でコミュニティ軸にマイルストーンを設定し、活動していきます。


2023年6月下旬:第一陣とC3Fで途中経過発信+第二陣募集開始コミュニティ

2023年8月:Dfinity Meetup Japanで発表


 

開発者の方へ(問合せ / 興味等)


次回以降の「リアル交流会」参加希望者

~~~

産学研究PJ『C3F』 Twitterにて、ぜひDM等でご連絡ください。

また日時や時間などは公式Twitterにて発信いたします。

~~~


Web3.0開発者募集 (応募) は こちら からお待ちしております

〜〜〜

Web3.0 PoCプロダクト共創開発者募集【産学研究「C3F」】

〜〜〜


ICP開発コミュニティの開始をしました

〜〜〜

ICP開発コミュニティを開始【産学研究「C3F」】



以上、よろしくお願いいたします。


 


<産学研究PJ『C3F』 Twitter>


<産学研究PJ『C3F』 公式HP>


<Internet Computer まとめポータル>


<Discordコミュニティ>


<イベントページ>




Comments


bottom of page